忍者ブログ

2017-06-24(Sat)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012-04-23(Mon)

ポケモンカードGB2攻略目次

私自身が必要を感じたので、これまでのポケモンカードGB2攻略記事の目次を作ってまとめておきます。


攻略前知識
現在のルールとの違い
旧ウラ特有の環境について

本編攻略
はじまりの島
草のGR団のトリデ~雷のGR団のトリデ
炎のGR団のトリデ~水のGR団のトリデ
闘のGR団のトリデ(ダンジョンマップ有り)
超のGR団のようさい~無のさいだん
ファイナルカップ
GR団のキャッスル

おまけ要素
ふういんのトリデ
グランドマスター杯
ブラックボックス


自慢できる程度にはやり込んでいるつもりなので、他に何か書いて欲しいことがあればコメントなどお気軽にどうぞ。

拍手[26回]

PR

2012-04-20(Fri)

ブラックボックス

ポケモンカードGB2攻略中。

やっとここまで来たなーという感じですが、恐らくこのゲームの攻略情報として最も需要が高いと思われるブラックボックスでのプロモーションカード入手リストです。

ブラックボックスはGR団の島にあるゲームセンターで遊ぶことができるアトラクションの1つ。5枚までのいらないカードを送ると別のカードになって返ってきます。
殆どの場合レア(★)のカードは変化せずにそのまま返ってくるのですが、特定のレア同士の組み合わせで送った場合プロモーションカードになって返ってきます。
プロモーションカードはゲーム中でも入手が難しいので、数を揃えたい場合などに有効です。

この組み合わせレシピは非常に知りたい内容であるにも関わらず攻略本にすら載っていなかったので、まだ分かっていないことも多いです。リストは全て個人的に調べたもので、一応私の知っている限りネット上のどこよりも多く載せている自信があります。
もし私が未確認のカードが出る組み合わせを知っている方がいれば、コメントなどで情報提供をお願いします。例えこの記事が古くなってもコメントには目を通しますのでぜひ。
オムスターLV.36、カイリキーLV.54、ゴローニャLV.37、フーディンLV.45、ゲンガーLV.40については、同じゲームセンター内の別のアトラクションで元々何枚でも入手できるため恐らく出ないだろうと推測してリストから除外しています。


伝説のカード+@

●ファイヤーLV.40
キュウコンLV.32+わるいキュウコンLV.28+ファイヤーLV.35

●フリーザーLV.37
ニョロボンLV.40+ キングラーLV.33+フリーザーLV.35

●サンダーLV.68
ライチュウLV.40+わるいライチュウLV.31+サンダーLV.64

●カイリューLV.41
ハクリューLV.33+カイリューLV.45+わるいカイリューLV.33

●GR団のミュウツーLV.35
ミュウツーLV.53+ミュウツーLV.67+ミュウLV.23


その他のプロモーションカード

●フシギバナLV.67
わるいフシギバナLV.37+わるいラフレシアLV.29

●リザードンLV.76(※)
わるいリザードンLV.38+わるいキュウコンLV.28
(※この組み合わせだけ、プロモ版ではなく通常のパック版のリザードンが出ます。恐らく設定ミスと思われ、プロモ版のリザードンは未確認です)

●ウィンディLV.34
キュウコンLV.32+ウインディLV.45

●カメックスLV.52
わるいカメックスLV.28+わるいギャラドスLV.31

●コイキングLV.10
ギャラドスLV.41+わるいギャラドスLV.31

●マリルLV.17
未確認

●ピカチュウLV.13
ライチュウLV.32+ライチュウLV.40+ライチュウLV.45+わるライチュウLV.31

●ピカチュウLV.16(トヨタ)
レアコイルLV.28+レアコイルLV.35+マルマインLV.35+マルマインLV.42

●ピカチュウLV.16(コロコロ)
ライチュウLV.32+ライチュウLV.40+ライチュウLV.45

●そらをとぶピカチュウLV.12(コロコロ)
未確認

●そらをとぶピカチュウLV.12(ANA)
未確認

●なみのりピカチュウLV.13(コロコロ)
未確認

●なみのりピカチュウLV.13(JR)
未確認

●エレブーLV.20
レアコイルLV.28+レアコイルLV.30+レアコイルLV.35+エレブーLV.35

●ディグダLV.16
ダグトリオLV.36+わるいダグトリオLV.18

●ダグトリオLV.40
ダグトリオLV.36+サワムラーLV.30+エビワラーLV.23

●マンキーLV.7
サワムラーLV.30+エビワラーLV.23

●ヤドンLV.9
フーディンLV.42+ゲンガーLV.38+バリヤードLV.28

●ミュウツーLV.30
ミュウツーLV.53+ミュウツーLV.67

●ミュウツーLV.60(ファンブック)
ミュウツーLV.67+ミュウLV.23

●ミュウツーLV.60(コロコロ)
ミュウツーLV.53+ミュウLV.23

●ミュウLV.8
未確認

●プリンLV.12
ピッピLV.14+ラッキーLV.55

●ニャースLV.14
メタモンLV.19+カビゴンLV.20

●わるいペルシアンLV.28
ピクシーLV.34+プクリンLV.36+ラッキーLV.55

●カモネギLV.20
ピジョットLV.38+ピッピLV.14+メタモンLV.19

●ガルーラLV.38
ガルーラLV.40+ハクリューLV.33

●かっこいいポリゴンLV.15
ピクシーLV.34+メタモンLV.19

●くいしんぼカビゴンLV.50
カビゴンLV.20+カビゴンLV.35

●カイリューLV.43
未確認

●トゲピーLV.8
未確認

●超エネルギー回収
未確認

●イマクニ?
未確認

●パソコン大暴走!
未確認

拍手[29回]

2012-04-19(Thu)

グランドマスター杯

ポケモンカードGB2攻略中。

クリア後限定イベント、グランドマスター杯について。
開催条件は「通信対戦で10勝する」こと。普通にやっていても10回勝つのは大変だし、下手すると通信の相手自体がいない今となっては幻のイベントと言えるかもしれない。

賞品としてプロモーションカード(伝説のカードを含む)がランダムで4種用意され、優勝するとその中から2枚を貰うことができます。
ポイントとして、条件さえ満たしていれば電源を入れてポケモンドームに入ったとき必ず開催されていることがあります。チャレンジカップはチャレンジホールに入るまで開催自体が確定していないのでリセットをして賞品を変えるというのは困難ですが、グランドマスター杯はポケモンドームに入って賞品が気に入らなければリセットすることで好きなカードを出すことが比較的容易にできます。

イベント内容はプレイヤーの他にクラブマスター+ランドの中から出場者7人が選ばれ、トーナメントの3回戦を勝ち抜いたら最後にグランドマスターの1人と対戦して優勝を決めます。
トーナメント表発表後に一度だけデッキの準備とセーブができますが、通常のチャレンジカップなどと違って対戦の間にセーブはできず、最後まで1つのデッキで連勝する必要があります。そのため難易度は高めのイベントと言えます。
ちなみにランドがいる場合は必ず勝ち上がってきて3回戦目で当たります。

そしてここでまた物凄く重要なことを書きます。
グランドマスター杯優勝後、ポケモンドームを出ることなくその場でセーブ、リセットすると、同じ大会にまた参加できます。
これは多分バグというかフラグの設定ミスですが、有益なものなので上手く利用すると良いでしょう。ただし賞品は変わりません。
どうしても「パソコン大暴走!」が4枚欲しいときなどはここで稼ぐのが楽です。
まあ、開催の条件を満たせる環境があればですが……(苦笑)。



ついでなので、セコイですが1人でソフトを2本用意して対戦回数を稼ぎたい人におすすめの方法を紹介します。

勝つ方が用意するデッキ
4 ヒトカゲLV.9
4 ポニータLV.8
4 ブーバーLV.18
48 炎エネルギー

負けるほうが用意するデッキ
4 フシギダネLV.12
4 キャタピーLV.13
4 ビードルLV.12
4 パラスLV.8
4 コンパンLV.12
4 マダツボミLV.10
36 草エネルギー

1エネ20ダメージのワザを持つ炎ポケモンでHP40の草ポケモンを瞬殺する。
炎対草が最も条件に合うポケモンの数が多いので、他の色の組み合わせで作るよりデッキの切り直しが起き難いぶん楽です。
ちなみに負ける側に入っている草エネルギーは偶々基本エネルギーのリストの一番上にあったから草なのであってポケモンの色に合わせたわけではありません(笑)。

通信対戦50勝で得られるライチュウコイン、100勝で得られるルギアコインも入手難度が異常に高いので、この方法で入手するのが現実的だと思います。

拍手[5回]

2012-04-18(Wed)

ふういんのトリデ

ポケモンカードGB2攻略中。
クリア後の要素についても少しずつ書きます。

まずは「ふういんのトリデ」について。
GR団の島に渡った時点で入ることはできますが扉が封印されていました。ここは本編クリア後、ビルリッチと2回目の対戦に勝つと封を解いてもらえます。
中にはゴーストとして石像に封印された凶悪なデッキの使い手、ゴーストカードマスターが9人。腕に自信がある人向けの内容になっています。勝っても貰えるのはプレゼントパック1つのみで、全員に勝ったからといって特に何もありませんが、最終的にはここにいる全員に勝てるようなデッキを目指してみるのも良いのではないでしょうか。
強いデッキ作りのお手本になりそうなデッキも多いので、色々研究してみてはいかが?

エイジ
「ともだちのわ」を使うプクリンがメインのデッキ。元々強いプクリンを中心に「無色2個エネルギー」、「オーキドはかせ」、「パソコン通信」、「プラスパワー」などを駆使して速攻力を磨いており、この中でも特に強いと言われることが多い。「無色2個エネルギー」を「エネルギーリムーブ」で剥がすのが最も効果的な対処法だろう。

マジシャン
フーディンの「ダメージスワップ」を使ったコンボデッキの完成形。バリヤードの「なぞのかべ」で30以上のダメージを防ぎ、メノクラゲの「おくびょう」で20ずつ回復する。コンボが完成すると本当にバリヤードが不死身になるのでなんらかの対応策が必須。

トシロン
わるいラフレシアの「アレルギーかふん」でトレーナーを封じ、ゴーストの「ポルターガイスト」で攻めるデッキ。デッキにトレーナーカードが多い上級者ほど痛い目に遭う。逆にトレーナーが少ないと強さが分からないので実は初心者なら簡単に勝てたりする。私は初めて戦ったときこいつが一番弱いと思ってました……(苦笑)。

ピエロ
炎単色の重火力型デッキ。エネルギーが溜まると手に負えなくなることがあるが、全て水弱点なのでこいつ1人に勝つだけならこの中では対処し易い。

とびちゃん
草と炎の「どく」デッキ。ビードルやリザードはそれ以上進化しないという実にスマートな構成のデッキで、個々のポケモンの強さというよりテクニックで戦っている感がある。いかにも旧ウラの面白さを体現したようなデッキで好きです。

ディー
スティーブも使っていた「ビッグサンダー」のサンダーを最初から単独で使うことを前程にしたデッキ。地獄絵図必至なので彼もこの中で特に強いと評価されている。1匹しかポケモンを出さないデッキの性質上特殊状態には弱い。あと「オーロラヴェール」のフリーザーがいれば安定して勝てる。

マスカレード
GR団のミュウツーの「わるいはどう」とわるいピクシーの「ダークヴェール」でわるいポケモンの攻撃・防御を強化したデッキ。わるいゴルダックの「ちょうねんりき」が非常に強いが、全体的にHPは低い。防御を強化するわるいピクシーから倒すのがおすすめ。

アンナ
いまひとつコンセプトが空回りしていることが多いのであまり強い印象がない。わるいゲンガーの「もてあそぶ」を多用してこちらのダメカンをめちゃくちゃに移動させるので戦略を立て難いが、返って序盤はバトル場のポケモンのダメージが減ってなかなか倒されないということが多い。

ユイ
カメックスの「あまごい」を使った水単色デッキ。攻撃のメインはフリーザーなので弱点がないが、他は全て雷弱点なのでやはり彼女に勝つだけなら比較的対処しやすい。

拍手[8回]

2012-04-17(Tue)

GR団のキャッスル

ポケモンカードGB2攻略中。
GR団のキャッスルに挑みます。ラスボス間近。

キャッスルには超のようさいと無のさいだんをクリア後に入れるようになりますが、中での対戦の条件上、ファイナルカップも先にクリアして伝説のカードを所持している必要があります。

キャッスルの扉にコインを嵌めるとランドとの対戦イベント。例によってチャンスは一度きりなので直前にセーブを。ここでは勝つと2枚目の「超エネルギー回収」を貰えます。
ランドのデッキはわるいカイリューとゲンガーメインで弱点が殆どありません。超抵抗の無色ポケモンで戦うのが有利です。ちなみにここで使われる「ランドのスーパー」デッキはクリア後のチャレンジカップまで愛用され続けます。

大かんぶ・カンザキ戦
(伝説のカード指定)
グランドマスターから貰える伝説のカード4枚を全てデッキに入れていなければ対戦できません。
カンザキのデッキはわるいクサイハナ、リザード、ゴルダック、ヤドランを使う4色デッキ。こちらがファイヤー、フリーザー、サンダーを全て使えるような3色デッキを作っていけば、上手く弱点を突ける組み合わせになっています。と言っても3色デッキを使いこなすにはそれなりの工夫が必要なので、色を絞っていくつかの伝説カードを捨てカードにしてしまうのもアリです。特にハクリューがレアで入手し辛いのでカイリューは使えない場合が多いと思います。
何れにしろ伝説のポケモンは「にげる」コストが多いので、特殊状態対策に「ポケモンいれかえ」や「なんでもなおし」は用意しておいた方が良いです。

今回私はイーブイも組み合わせた3色デッキで行きました。カイリューは使わないので「エネルギー回収」の捨て札用に……(苦笑)。

大かんぶ・ルイ戦
対戦のたびにランダムでデッキとルールを変えてくるという、非常に厄介な相手。ただでさえエグいデッキを使っているので、十分に自信のあるバランスの良いデッキで挑むか、どれか1つの対策をしてそれに当たるまで負けてみるのも手です。

・「ポイズンミスト」デッキ
(限定環境戦「にげにくい場」)
特別ルールにより「にげる」に必要なエネルギーが1個ぶん多くなります。
逃げ難い環境を活かした「どく」デッキ。更に「エネルギー・リムーブ」まで使ってくるので何も出来ないままじわじわ弄られることも。
超弱点が多いので超ポケモンで弱点を突いていくのも良いですが、何はともあれ「ポケモンいれかえ」と「なんでもなおし」がたくさん入ったデッキが戦いやすいでしょう。これらは普段の対戦でも十分役に立つカードなので入れておいて損はないはずです。また当然ですが「どく」が有効なのは相手も同じです(笑)。
マタドガスの「ガスばくはつ」は相手を「きぜつ」させた場合、代わりに出てくる新しい対戦ポケモンを「どく」にするという珍しい効果を持っています。限定環境によりすぐ逃がすのは困難なので、次に出すポケモンの選択は慎重に。

・「ウルトラリムーブ」デッキ
(限定環境戦「トラッシュブラックホール」)
特別ルールによりトラッシュされたカードはその対戦中使えなくなります(対戦から除外されます)。
エネ破壊デッキ。リムーブ系を多用する上ゴルダックの「はかいこうせん」も狙ってきます。トラッシュされたカードは限定環境により回収不可能なため、深刻なエネルギー不足が起こること必至。もちろん「リサイクルエネルギー」すら帰ってきません。
水単色デッキなので、なるべく少ないエネルギーでワザを使うことができる雷の速攻デッキで挑むと有利になります。マミなどと同じく取り合えず「どく」を与えておくとか、山札切れを待つのも有効。リムーブされて困るのは相手も同じなのでやり返すのも手です。
ちなみに超エネルギーは入っていないのでゴルダックの「ねんりき」は使ってきません。3エネ溜まるまではコダックから進化しないのでその隙に倒したい。

・「サイキックバトル」デッキ
(限定環境戦「抵抗力ていか」)
ケビンと同じルールで抵抗力が20減って「-10」になります。他の2つのデッキに比べると遥かに戦いやすいので、このデッキに当たればいつものデッキでも何とかなる(笑)。
超と闘の2色デッキ。この2色は元々抵抗力に防がれることも多いですが弱点を突ける相手も多いタイプなので、こちらの弱点を突かれないよう注意することが大事です。「なぞのかべ」のバリヤードにさえ気をつければあとは真っ向勝負です。

キング・ビルリッチ戦
(三本勝負)
先に2回勝った方が勝ち、という長期戦ルール。ビルリッチは4つのデッキを持っていて、対戦のたびにランダムで使用するデッキが変わります。このためピンポイントに弱点を突くのは難しい。ただし毎回使うデッキを変えてくるということは、少なくとも前に使ったデッキはもう使わないので、そういう読みでの対策は一応可能です。ちなみに水デッキなら弱点を突かれることがないので最初は水がおすすめですが、1回負けてもまだ後があるのでそこまで気にしなくても良いと思います。
どのデッキも共通してメインの2進化+サポート能力の1進化+強いたねポケモンという構成。さらに「マサキ」と「マサキの転送装置」を4積みしてブン回してくるガチデッキです。ちなみに私がドローソースの重要性に気付いたのはこの人のデッキを真似したのが最初だったりします(笑)。
「ニュートラルシールド」のバリヤードはベンチにいるだけでお互いの弱点と抵抗力を消す力があります。どのデッキにも1枚しか入っていないので、相性有利を潰された場合は突風で呼び出して先に倒すと良いです。

・「いきのねとめろ!」デッキ
わるいフシギバナが中心のデッキ。わるいハクリューが「しんかのひかり」で進化をサポート。
わるいフシギバナの「いやなかふん」が強いので、特殊状態対策はきちんとしておかないと大変なことになります。進化前のわるいフシギソウはあまり強くないのでできれば進化する前に倒したいですが、ガルーラが壁になっていることが多いので突風が有効です。

・「やきつくせ!」デッキ
わるいリザードンが中心のデッキ。わるいピクシーが「ダークヴェール」で防御補助。
わるいリザードンの「れんぞくファイヤーボール」は比較的少ないエネルギーで大ダメージを出してきますが、コイン次第で安定しないのがこちらにとっても厄介で、押し引きの判断が難しいです。今の対戦ポケモンを壁にするのかそのまま攻めるのか、状況に応じて判断すること。

・「たたきつぶせ!」デッキ
わるいカメックスが中心のデッキ。わるいピクシーが「ダークヴェール」で防御補助。
このデッキだけ真ん中のわるいカメールが少なくて「ポケモン育て屋さん」での進化を主にしています。いきなり「ハイドロキャノン」を撃ってくるので注意。またガルーラが入っていないのもこのデッキだけ。代わりに何故かストライクが入っています。

・「つまみだせ!」デッキ
わるいカイリキーが中心のデッキ。わるいピクシーが「ダークヴェール」で防御補助。
わるいカイリキーの「つまみだす」でこちらのポケモンを山札に戻してしまいます。特にエネルギーを多く貼ったポケモンを狙って突風で呼び出してからつまみ出すこともあるので注意。「つまみだす」だけでは最後の1匹が倒せないので、ラッキーの「すてみタックル」でのフィニッシュを狙って「無色2個エネルギー」が入れられています。

ビルリッチに勝つとエンディング。
彼の台詞はなかなか心打つものがあるので注目してください。
本日ここまで。

拍手[6回]

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カウンター

最新TB

プロフィール

HN:
わさび
性別:
男性
自己紹介:
大分ポケモンカード同好会を応援する大分のプレイヤー。
新旧カードを融合したコンボ探しが大好きなマニアックなプレイヤーです。

ブログ内検索