忍者ブログ

2017-11-18(Sat)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010-11-28(Sun)

「ぬくもりスワップ」デッキ

先日の夜会で使用したスタンダードデッキ。
前の同好会の対戦会でニドクインに完封されたので仕返ししてみた(笑)。
短時間で組んだので構成はあまり練られておらず完成度は高くないですが、一発ネタのつもりだったのでこのまま載せます。

「ぬくもりスワップ」デッキ
(スタンダード)

ポケモン17枚

1 ニドラン♀LV.14 (Pt2)
2 ニドラン♀ (L3)
3 ニドリーナ (PCG伝説の飛翔)
3 ニドクインLV.54 (Pt2)
2 ケーシィLV.8 (DP2)
2 ユンゲラー (e4)
2 フーディンLV.42 (第一弾)
2 バリヤードLV.28 (ポケモンジャングル)

トレーナー25枚

2 ポケモンの笛
2 ポケモン育て屋さん
2 たたきつけろ!挑戦状
1 ポケモン回収装置
1 ゴージャスボール
2 ポケモン通信
2 たつじんのおび
1 ニシキのネットワーク
3 ハマナのリサーチ
4 MCのおしゃべり
2 探究者
3 やぶれた時空

エネルギー18枚

10 超エネルギー
4 無色2個エネルギー
2 ホロンエネルギーSYN:WP
2 ダブル無色エネルギー



ニドクインのポケボディー「ははのぬくもり」をメインに考えたデッキ。ポケモンチェックごとに自分のポケモン全員からダメカンを1個ずつとる能力です。
フーディンの特殊能力「ダメージスワップ」は、自分の場のダメージカウンターを、ポケモンがきぜつしない範囲で自由にのせかえることができます。これを利用し、例えば自分の場のポケモン6匹それぞれにダメカンを均等にのせれば、ポケモンチェックのたび「ははのぬくもり」で6個のダメカンがとれるという訳です。ポケモンチェックは自分の番の後と相手の番の後のそれぞれにありますから、1ターン回ってきた時には120回復できていることになります。

バリヤードは「なぞのかべ」という、ワザのダメージのうち30以上のダメージを受けないという特殊能力を持っています。20までのダメージは普通に受けますが、「ははのぬくもり」がはたらいていれば次の相手の番までに2回のポケモンチェックで計20回復できるため、単純な攻撃に対しては無敵と言えます。ニドクインでも対抗できないような大技を持つ相手は、このバリヤードで牽制します。

ニドクインやフーディンのにげるエネルギーが多いことと、バリヤードが「ダメージには強いが特殊状態には弱い」という性質を持つため、ホロンエネルギーSYN:WPを入れています。超の基本エネルギーと一緒につけていれば、そのポケモンのにげるに必要なエネルギーがすべてなくなります。

たたきつけろ!挑戦状は前にも使いましたが相手プレイヤーに挑戦を受けるかどうかたずねるカードです。受けるならお互いにたねを好きなだけベンチに出す、受けないなら自分は山札を2枚引けます。
受けられなければ単純にサポート以外のドローソースとして有利にはたらきますし、受けてもらえば場の展開が楽になります。相手も場が充実しますが、ニドクインのワザ「ハッスルテール」は相手のベンチポケモンが多いほどダメージが増えるので、むしろプラスに考えられます。

探究者はダメージスワップとのコンボです。自分のベンチポケモンにのせられるだけダメカンをのせかえておいて、探究者で手札に戻してしまいます。
このとき相手もベンチを1匹手札に戻すので、すかさずポケモンの笛で相手のトラッシュから邪魔な置物になりそうなポケモンをベンチに出させてやれば、一石三鳥くらいにお得です(笑)。もちろんポケモンの笛はニドクインのハッスルテールとも相性が良いので、意外に使い時が多いカードです。

ユンゲラーのカードはADV以降全く登場していませんのでeシリーズのものを使っています。ちなみにこのユンゲラー(e4)のサイドコードにはポケパワー「サイコキャプチャー」が仕込まれています。
サイコキャプチャーの説明:
この力は、このポケモンがバトル場にいるとき、自分の番に1回使え、使ったらその番は終わりになる。おたがいのプレイヤーは、それぞれ、自分の山札からカードを?枚まで引く。このポケモンが特殊状態なら、この力を使うことはできない。:
?の部分はGBAのボタンを押すたびにランダムで変化します。単純に見てもユンゲラーとしては比較的優秀なのでフーディンを使うデッキでは需要があるカードです。サイコキャプチャーを使う場面は稀でしょうが、このユンゲラーが入ったデッキを使うならカードeリーダーの準備をお忘れなく(笑)。

ふしぎなアメの効果が変更され、この前の記事にも書いた通り微妙にポケモン育て屋さんの方が上位互換になったのでそちらを使っています。やぶれた時空がある場合は出したばかりのたねポケモンを2進化へ進化させることが可能です。


実際に使ってみて、なんだかんだであまりニドクインでは戦えなかったと言うか、今のインフレ環境に対してバリヤードの方が大きな壁になっているという(笑)。

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

無題

2010-11-29 09:51

バリヤード無理ゲー(笑)

色々対策してたけどバリヤード視野に入ってなかった罠ww

無念の山札切れ!

Re:無題

2010-11-29 17:27

対策ばかり考えても歪になるのでどこまでやるかが難しいですけどね(笑)。
このデッキもフーディンを守るベンチガード2枚、封印の結晶対策の暴風4枚くらいは入れるべきだと思いつつ妥協…というか無理、入らない。

無念の山札切れ!(笑)

無題

2010-12-01 14:02

バリヤードはユクシーに弱点なのが痛い(ユクシー側がw)
何気にホロンエネルギーが優秀杉なデッキでした。
これでは、さそってこがすも通じない。(泣)

無念の山札切れ!

Re:無題

2010-12-01 19:58

ホロンエネルギーは色々面白い効果があるので使えそうなデッキでは上手く組み込みたいものです。
ホロンエネルギーSYN:YG「ポケモンexから受けるダメージ-10」の雷涙目。

無念の山札切れぃ!(笑)

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カウンター

最新TB

プロフィール

HN:
わさび
性別:
男性
自己紹介:
大分ポケモンカード同好会を応援する大分のプレイヤー。
新旧カードを融合したコンボ探しが大好きなマニアックなプレイヤーです。

ブログ内検索