忍者ブログ

2017-06-24(Sat)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012-04-11(Wed)

GR団の島編1

ポケモンカードGB2攻略中。
今日は草のGR団のトリデ~雷のGR団のトリデ。

GR団の島に渡って順にトリデを攻略していきます。

草のGR団のトリデに入るとすぐにランドとの対戦。ここは勝っても拡張パックが貰えるだけなので負けてもダメージは少ないですが、この時点では貴重な第7段パックが貰えるので一応直前にはセーブしておくと良いです。

トリデメンバーのうち、最初の2人は普通の対戦なので省略。

ミユキ戦
(草エネルギー縛り)
初めてのデッキ限定戦。草以外のエネルギーを入れたデッキでは対戦を受けてくれません。
この対戦に限らずゲーム全体を通して、特別ルール対戦で大事なのは、ルールの範囲内で如何にして相手の弱点を突くかと、相手のデッキを予想して対策を入れておくことです。
ミユキのデッキは当然草ポケモンが中心ですが、このルールでは弱点を突かれにくい毒系(超弱点)のポケモンばかり入れています。超ポケモンが草エネルギーだけで使えるワザというとスリープかルージュラの「はたく」くらいしかないので、上手く使いたいところ。またミユキのデッキ内にヒトカゲが入っているので、こちらがフシギダネなどの草・虫系の草ポケモンを使っていると弱点を突かれる場合があります。
草同士の戦いを予想すると、特殊状態対策として「なんでもなおし」を入れておけば普段より活用の機会が多いはずです。

ちなみに私は今回フシギダネで挑んで普通にヒトカゲに負けました(笑)。2回目で勝利。

リーダー・モリノ戦
(限定環境戦「みどりのちから」)
対戦そのものへの特別ルール、限定環境戦です。この対戦では草ポケモンが特殊状態になりません。
モリノの主力はラフレシアで、普通は自分がこんらんするデメリットを持った「はなびらのまい」を、限定環境を利用して躊躇なく連発してきます。ラフレシアが立つとシャレにならないので、進化前に倒せるとベスト。
ラフレシアラインを倒せるように炎ポケモンを使いたいですが、モリノはゼニガメも使っています。たまにカメールに進化してレインボーエネルギーで「かみつく」を使ってきますが、ここまでくると炎ポケモンにとっては致命打なので他のタイプのポケモンも混ぜて対策すると良いです。
また、ナゾノクサやクサイハナは「どく」や「こんらん」を狙ってくることも多いので、こちらも草ポケモンを使っていれば限定環境のお陰で安定して戦うことができます。

今回私はリザードとフシギソウのデッキで挑みました。フシギソウがゼニガメ排除、特殊状態避けをしつつ、リザードを育ててラフレシアラインを焼く作戦。
……と思ったら初手ストライク出されて「つるぎのまい」⇒2ターン目に無色2個エネで「きりさく」60ダメージを受けてあっと言う間に破れました(笑)。2回目で勝利。

次は雷のGR団のトリデへ。

レンナ戦
(ピカチュウ4枚縛り)
ピカチュウを4枚入れたデッキで対戦します。
レンナのデッキは雷中心ですが、サンドやカラカラでこちらの雷ポケモンを潰しにくるので、ピカチュウが入っているからといって雷単色デッキを作っていくと酷い目に遭います。
対策として草ポケモンを混ぜるか、いっそ草中心のデッキにピカチュウを加えたような形にするのもアリです。もちろんこちらも闘ポケモンでレンナのピカチュウを潰しにいく手もあります。

私は……まずピカチュウが足りなかったのではじまりの島に戻って拡張パックを稼ぎに行きました。
デッキは草闘+ピカチュウという完全に対策に傾倒した構成で挑みました。ライチュウ入れてない。

イチカワ戦
(雷エネルギー縛り)
エネルギーの色縛り、雷編。
イチカワのデッキは雷単色なので、無色のエネルギーでワザを使える闘ポケモンをデッキに入れておくと有利に戦えます。特に「きりさく」が使えるサンドパンは雷への抵抗力もあるのでおすすめ。サンドはワザが使えませんが抵抗力があるので取り合えずカベになります。
イチカワのデッキの中でも、サンダーやそらをとぶピカチュウは闘に抵抗力を持っているので、そこだけは注意が必要です。

リーダー・キャサリン戦
(限定環境戦「雷パワーアップ」)
雷ポケモンが相手の対戦ポケモンに与えるダメージ+10という特別ルールでの対戦。
キャサリンのデッキはビリリダマやわるいサンダースの、元々1エネ20ダメージのワザを使った速攻型。限定環境によってこれが1エネ30ダメージになっているのでキツイです。
と言っても30までなら抵抗力で防ぎきれるので、ここもサンドやディグダなどの地面系闘ポケモンを使えば有利に戦えます。キャサリンのデッキには闘対策としてドードーが入っていますが、こいつは雷弱点。こちらはドードー対策に雷ポケモンを入れておけば、限定環境も利用できて便利です。

私もキャサリンと同じビリリダマを利用。1エネ30ダメージになっている「スピードボール」でドードーを撃破し、他の雷ポケモン達はディグダとワンリキーで倒して勝ちました。

キャサリンに勝った時点で、GR団チャレンジカップ1回目が始まります。期間は水と炎のトリデをクリアするまで。
このときの賞品で貰えるわるいペルシアンは通常のパックから出るもののイラスト違いなので、コレクション以外ではあまり有用性の高いカードではありません。が、再入手が困難なのでやはり忘れないようにしたいところ。

本日ここまで。

拍手[1回]

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カウンター

最新TB

プロフィール

HN:
わさび
性別:
男性
自己紹介:
大分ポケモンカード同好会を応援する大分のプレイヤー。
新旧カードを融合したコンボ探しが大好きなマニアックなプレイヤーです。

ブログ内検索