忍者ブログ

2017-06-24(Sat)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010-12-27(Mon)

「ゴチルロック」デッキ

先日の同好会イベント「大分最強決定戦」で使用したデッキです。
そこそこ自信はあったのですが、結果はあれれな感じに(苦笑)。
現在サーバーの調子が悪いようなのでリンクはまた後日張ります。

「ゴチルロック」デッキ
(スタンダード)

ポケモン18枚

3 ゴチム (BW1)
3 ゴチミル (BW1)
3 ゴチルゼル (BW1)
2 ビリリダマ (DP破空の激闘)
2 マルマインex (PCG伝説の飛翔)
3 ヤミラミ (DP破空の激闘)
2 バリヤード (第2弾ポケモンジャングル)

トレーナー26枚

2 パソコン通信
2 ポケモン育て屋さん
1 ゴージャスボール
1 ポケモン通信
2 ポケモンキャッチャー
4 封印の結晶
2 ウツギはかせの育てかた
4 漂流者
3 ポケモンコレクター
4 エンジニアの調整
1 ふたごちゃん

エネルギー16枚

12 超エネルギー
4 Wレインボーエネルギー



ゴチルゼルがメインのデッキ。特性「マジックルーム」で相手はグッズを使うことができません。ついでに「封印の結晶」をつけてお互いのポケパワー・ポケボディーも使えなくしてしまいます。自身の「マジックルーム」はポケボディーではなく特性なので、封印の結晶がついてもはたらき続けます。

以下理想のシナリオ解説。
始めはヤミラミから展開していきます。ワザ「ひとまね」で「漂流者」の効果を使い、「エンジニアの調整」「封印の結晶」「超エネルギー」を引いてきます。
次の番、引いてきた「エンジニアの調整」を使い、引いてきた「超エネルギー」をトラッシュして山札を4枚引きます。
これの繰り返し。漂流者の効果はエンジニアの調整とエネルギーを同時に引けるので非常に都合が良い。ヤミラミのワザとして利用することで更に効率をアップしています。
もちろん、手札や場の状況を見て「ウツギはかせの育てかた」を「ひとまね」で使ったり、漂流者の効果で引いてくることもあります。
また、“頃合”になったら必ず漂流者で「ふたごちゃん」を引いておきます。

場の進化が進んで、ゴチルゼルとマルマインexが出せるようになったら頃合です。
マルマインexのポケパワー「エネエネボンバー」を使います。マルマインex自身はきぜつし、相手はサイドを2枚取りますが、自分のトラッシュからエネルギーを5枚、自分のポケモンに好きなようにつけることができます。エンジニアの調整でトラッシュしていたエネルギーが場に戻ってきます。
トラッシュにエネルギーが5枚無いなら、先にパソコン通信で手札から2枚トラッシュすれば良いです。ついでに山札から好きなカードを引けます。このデッキではトラッシュの方が目的で、好きなカードを引けるのはとっても大きなおまけです(笑)。
「エネエネボンバー」を使ったら、もちろんエネルギーはゴチルゼルへつけます。ワザ「マッドキネシス」は自分の超エネルギーの数×20ダメージが追加されるので、一気に大ダメージを出せるようになるでしょう。
マルマインexのきぜつにより相手がサイドを2枚取ったら、ここぞとばかりに「ふたごちゃん」を使うのを忘れずに(笑)。ゴチルゼルはこのタイミングで育て屋さんと一緒に引いても遅くありません。

その後は超火力ゴチルゼルがバトル場に降臨し、相手のグッズとポケパワーとポケボディーを封じたまま問答無用で殴り倒しましょう。
ちなみに、相手の立ち上がりが速くてゴチルゼルが簡単に倒されそうな場合には、取り合えずバリヤードに止めてもらいます。



大会結果。
1回戦-Tさん
最初に引いた手札が「ビリリダマ、ゴチミル、ゴチルゼル×2、超エネルギー×2、Wレインボーエネルギー」。
ジャンケンに負けて後攻。
先攻1ターン目、つめできりさくでビリリダマに30ダメージ。
後攻1ターン目、私の番。漂流者を引く。終わったよ。
先攻2ターン目、つめできりさくでビリリダマきぜつ。
「負け」サイド0-1

2回戦-不戦勝

3回戦-おんせんさん
まさかの2ターン目オクタン@封印の結晶(笑)。エネエネボンバーが封じられる。
ポケモンキャッチャーで封印オクタンをベンチへ飛ばしてエネエネボンバー、ゴチルゼル起動。ふたごちゃんでもう1枚のキャッチャーを引こうとしたがサイド落ちで封印オクタンを倒すことができず。つまりバリヤードで止まらない(苦笑)(※)。
次ターンまさかのゴチルゼル「すいみゃく」一撃。出そうな気はしてた。そして立て直し不能に。
「負け」サイド1-6

フリー対戦では全勝。相変わらず本番に弱すぎる私(苦笑)。


※実はこの大会後、例のメタモン無限ループについて公式から回答が届きました。
その中で「特殊能力はポケパワー・ポケボディーとは別の能力」というこれまでの常識を覆す説明がされていたので、現在折り返し問い合わせ中です。
もしこの説明どおりにルールが変更されているなら、バリヤードの「なぞのかべ」が封印の結晶で消えることはありません。
問い合わせの回答が得られ次第、過去の「古いカードの使い方」記事も修正します。今回は上記3回戦の説明に関わるのでちょこっとだけ注釈として。

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

突風じゃないだと?

2010-12-28 09:03

突風じゃなくてキャッチャー入れてるところがすばらしいです

実は、ゴチルゼル・ランクルス・マルマインGR使うか迷ってました(笑)
まぁ、自分のは「エネエネダイナマイト」ですけどねw

Re:突風じゃないだと?

2010-12-28 13:38

ブログのレシピ上では分かりやすくするために、特別な意図が無い限り同効果なら最新のカードで記載しています。
実際のデッキでは数が足りないので突風とキャッチャーが1枚ずつ入っていたりします(笑)

マルマインexはまだまだ使えるなーと再認識。ふたごちゃんが美味しすぎる(笑)

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カウンター

最新TB

プロフィール

HN:
わさび
性別:
男性
自己紹介:
大分ポケモンカード同好会を応援する大分のプレイヤー。
新旧カードを融合したコンボ探しが大好きなマニアックなプレイヤーです。

ブログ内検索