忍者ブログ

2017-08-19(Sat)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011-01-23(Sun)

タッグバトル

タッグバトルルール

かつての公式大会のサブイベントとして開催された、「プラスルマイナンタッグバトル」または「タッグバトルDP」を元に覚えている限りのルールです。
ただし時代が違うのでデッキに入れることが出来るカードの制限(当時のレギュレーションに沿ったカード)は度外視しています。


対戦形式はバトル場にポケモンを2匹出して戦う「ダブルバトル」です。
ダブルバトルの基本ルールについては過去に紹介していますのでこちらの記事を参照してください。

タッグバトルでは、2人1チームとなって2人対2人で対戦します。
「タッチ交換!」を2枚以上入れた60枚デッキを用意し、チームで1つのデッキを使います。
チームの2人が横に並んでテーブルに着いた状態で対戦します。

対戦の準備をします。
普通通りにデッキを切った後、山札側(右)に座ったプレイヤーから5枚引いて手札にします。その後、左に座っているプレイヤーも同じく5枚引いて手札にします。
対戦の最初に場に出すポケモンは、2人のどちらのプレイヤーの手札から出しても構いません。ダブルバトル形式なのでバトル場にはポケモンを2匹、ベンチには4匹まで出せます。
サイドを置いたら、山札側に座ったプレイヤー同士でじゃんけんをして、先攻・後攻を決めます。

対戦中は、チームの1人が「バトルプレイヤー」となり、もう1人は「パートナー」と呼びます。
「バトルプレイヤー」は実際に対戦を進める役です。このとき相手チームのバトルプレイヤーは必ず自分の斜め向いに座った人になります。
「パートナー」は持っている手札を伏せて置いておき、対戦には直接関わりません。チーム内で相談をしたり、パートナーの手札の内容を確認することはできます(確認した後はまた伏せて置きましょう)。

先攻になったチームの、山札側に座っている人が最初のバトルプレイヤーになります。
先攻の番が終わったら、後攻チームのバトルプレイヤーの番になります。先攻プレイヤーから見て斜め向いの、山札側に座っている人がバトルプレイヤーです。
先攻・後攻それぞれの1ターンが終わったら、お互いのバトルプレイヤーがパートナーと交替します。今度は、左に座っている人がバトルプレイヤーです。このように1ターン毎にバトルプレイヤーを交替しながら対戦を続けます。

[先攻右⇒後攻右]⇒[先攻左⇒後攻左]⇒[先攻右⇒後攻右]⇒・・・
このような順にプレイしていくことになります。

「タッチ交換!」はタッグバトルルール専用のグッズです。
[おたがいのバトルプレイヤーは、それぞれ、自分のパートナーと手札を全て交換する。(バトルプレイヤーは、かわらない。)]
戦略的にも使えますし、サプライズを起こす楽しいカードです。プロモーションカードなので入手は困難ですが、分かり易いカードで代用してでも是非デッキに加えて欲しいカードです。

わいわいお喋りしながら対戦するのが楽しいルールです。
チーム内でお互いに足りないカードを出し合って豪華なデッキを作ることもできますし、対戦中はパートナーの戦術を学ぶ機会にもなります。4人集まったら是非試してみてください。
相談を禁止して真剣勝負するのもまた面白いかもしれませんが、きっと途中で喋りたくなりますね(笑)。

拍手[1回]

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カウンター

最新TB

プロフィール

HN:
わさび
性別:
男性
自己紹介:
大分ポケモンカード同好会を応援する大分のプレイヤー。
新旧カードを融合したコンボ探しが大好きなマニアックなプレイヤーです。

ブログ内検索